FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

秀の介Wiki - DebianのTipsみたいなもの Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

{{toc}}

ここでは、Debianを快適に使うための小技を紹介します。情報が増えてきたら、独立したページになるかもしれません。なお、特に指定しない限り、Sid(Unstable)での検証結果です。

!Logicool LX8でチルトホイールを使う

[7/28追記] 現在のsidではxserver 7.4で導入されたinput-hotpluggingにより、以下の設定は不要になりました。LX8は自動で認識されます。また、hotplugも可能です。詳しくは、[[4/27の日記|http://hidenosuke.org/diary/?date=20090427#p04]]を参照してください。

LogicoolのLX8というマウスを購入しました。Windowsでは、ホイールを左右に傾けることによって、横スクロールが出きるようになっています。Debianでチルトホイールを使うためには、ちょっとした細工が必要です。

!!マウスドライバの変更

標準では、マウスからの入力としてmouseドライバが指定されています。これをevdevドライバに変更します。evdevドライバは
sudo aptitude install xserver-xorg-input-evdev
でインストールできます。

!!/etc/X11/xorg.confの変更

まず最初に
ls -l /dev/input/by-id/
を実行してみてください。うちの場合ですと、
<<<
合計 0
lrwxrwxrwx 1 root root 9 2008-06-17 00:44 usb-Logitech_USB_Receiver-event-mouse -> ../event1
lrwxrwxrwx 1 root root 9 2008-06-17 00:44 usb-Logitech_USB_Receiver-mouse -> ../mouse0
>>>
と表示されます。event1にリンクされている方を、デバイスとして指定します。

実際には、/etc/X11/xorg.confはこんな感じになるでしょう。
<<<
Section "InputDevice"
        Identifier      "Logitech LX8"
        Driver          "evdev"
        Option          "Device"        "/dev/input/by-id/usb-Logitech_USB_Receiver-event-mouse"
        Option          "CorePointer"
EndSection
>>>
これで、X Windows Systemを再起動すれば、チルトホイールが動作するはずです。

もし、チルトホイールの左右を逆にしたいなら、上記EndSectionの前に
        Option        "HWHEELRelativeAxisButtons"    " 7 6"
を追加してみてください。

!Cool'n'Quietを有効にする

AMDのCPUの売りであるCool'n'QuietをDebianで使用するためには、こんな感じでいいと思います。

!! セットアップ
まず、/etc/modules/に以下のモジュールを指定します。
<<<
cpufreq_userspace
cpufreq_powersave
powernow_k8
freq_table
>>>
これによって、必要なカーネルモジュールが起動時に読み込まれます。次に、
sudo aptitude install powernowd
でpowernowdをインストールすれば、Cool'n'Quietが有効になります。

!!GNOMEアプレット
GNOMEのパネルに表示できるアプレットです。
*cpufreq-applet - GNOME標準で提供されるアプレットで、現在のCPUの周波数を表示します。
*gnome-sensors-applet - lmsensorsやACPIから得られる情報を表示します。