FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

VirtualBox 4 on Debian

ページを編集するにはログインが必要です。

VirtualBoxは、バージョン4.0から本体のライセンスがGPL 2.0に変更されました。それにより、パッケージの構成も大きく変更されています。ここでは、VirtualBox 4.0.xをDebian unstableで使用するための情報を書いてみます。VirtualBox on Debianも合わせて参照してください。

インストール

VirtualBoxのカーネルモジュールをビルドするために、linux-headers-2.6.xx(xxはカーネルのバージョン)とdkmsパッケージが必要です。最初にインストールしておいてください。

VirtualBox.orgからのパッケージのインストール

VirtualBoxダウンロードページから、Debian SqueezeのパッケージをDownloadして、dpkgによりインストールします。または、/etc/apt/sources.listに以下の行を追加すれば、apt-getまたはaptitudeでインストールすることができます。

deb http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian squeeze contrib

ディストリビューションがnon-freeからcontribに変更されているので、注意してください。

sudo apt-get install virtulbox-4.0

でインストールできます。dkmsに対応したことにより、自動的にカーネルモジュールのビルドとロードが行われます。

Debian公式パッケージからのインストール

VirtualBox本体のライセンスの変更に伴い、Debianのunstableにフル機能のパッケージがアップロードされています。こちらは、

sudo apt-get install virtualbox

でインストールできます。Guest Additionsはvirtualbox-guest-additions-isoという名前のパッケージが用意されています。また、VirtualBox.orgのパッケージは、GNOMEのシステムツールメニューに登録されますが、Debian公式ではアクセサリに登録されるところが異なっています。

拡張パッケージのインストール

VirutalBoxでUSB 2.0やRDPを使うためには、拡張パック(ExtPack)をインストールするに必要があります。ダウンロードページから、Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-x.y.z-*.vbox-extpack(x.y.zには対応しているVirtualBoxのバージョンが入りますので、正しいバージョンであることを確認してください。)をダウンロードします。

インストールするためには、VirtualBoxマネージャを起動してから、メインメニューのファイル -> 環境設定を開きます。左側に「拡張機能」というメニューがあるので、これをクリックします。右端上方のボタン(パッケージの追加)をクリックするとファイルの選択ダイアログが表示されるので、ダウンロードしておいた拡張パッケージを選択して、「開く」をクリックします。これで、拡張パックがインストールできるはずです。

Last modified:2011/07/18 11:22:41
Keyword(s):[Debian]
References:[FrontPage] [Debian] [VirtualBox on Debian]